肌荒れ分析」カテゴリーアーカイブ

肌荒れの場合の洗顔方法

baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s

はじめに

肌が荒れてしまったとき、多くの人は毛穴に皮脂が詰まったことが原因と考えてしまう傾向にあり、そのため、洗顔を過剰に行ってしまい、肌がさらに荒れてしまうという状況に陥ってしまう人が存在しています。今日はそんな肌荒れの場合に適した洗顔方法について説明させて頂きます。

肌荒れを起こしたときに、ただ単に洗顔を強化するのはおすすめできない

肌荒れを起こした肌はキメが粗くなってしまいガサガサとして手触りも悪くメイクの乗りも悪くなるので本当に憂鬱なものです。こういった肌荒れトラブルを解消したい場合に、毛穴の皮脂の汚れが詰まるのが原因だと考える女性が多く、そのほとんどは洗顔を重点的に行って毛穴の詰まりを取り除こうとするようです。例えばスクラブ入り洗顔料で毛穴を洗ってみたり、洗浄力の強い洗顔料で洗ってみたり、あらゆる洗顔方法がありますがどれもあまりおすすめできません。

肌荒れは毛穴の詰まりが原因であることは確かに正しいのですがこの汚れを取りたいがために間違った洗顔をすればするほど肌そのものがこういった洗顔による刺激から自分を守るために、どんどん皮脂分泌を促進してしまい結果的にはさらなる毛穴の詰まりを引き起こしてしまうので注意しなければなりません。

肌荒れのときのおすすめの洗顔方法

肌荒れを改善するための洗顔方法としておすすめなのは、まず洗顔石鹸は無添加で刺激性の少ない洗顔ソープを使うようにしましょう。無添加のナチュラルソープはネットでも簡単に入手できます。これをしっかり泡立てて朝晩の二回だけ洗顔をするのです。決してこれ以上洗顔しすぎてはいけません。

そして洗顔の方法は、しっかり洗顔ソープを泡立てて、その泡を顔に乗せて泡の上を指でなぞるようにくるくる回して洗い上げるようにします。ちょうど肌、泡、指という3層の状態にするような感覚で洗顔をするのです。皮膚を直接こする洗い方はNGなのであくまでも泡でマッサージするかのように優しく洗い上げます。毛穴の汚れというのはこれだけで驚くほど綺麗に浮き上がってきて取り除くことができるのです。

そして最後にぬるま湯でしっかりと泡を流します。この時にも決して肌を直接指や手のひらでこすってしまわないように注意しながら洗い流すようにしてください。仕上げにたっぷりの保湿ローションを両手のひらに乗せて顔全体を包み込むようにして保湿を行います。最後に保湿美容液やクリームで水分をお肌に閉じ込めるように蓋をしてあげると肌荒れは徐々に改善してきます。

肌荒れとニキビの関係とは?

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_s

はじめに

私たちの肌は、肌のターンオーバーをくりかえし、規則正しく生まれ変わっています。しかしこの規則性が崩れることがあるのです。その規則性が崩れると肌荒れなどの原因になります。そしてその肌荒れはニキビに結びつくことがあるのです。今回は、肌荒れとニキビの関係をご紹介します。

ニキビの原因

肌荒れをする原因は肌の乾燥です。私たちの肌は、水分が適度に含まれ、乾燥を防いでいるのですが、環境の湿度やメイクの刺激、また水分摂取量の低下、加齢、ホルモンなどの原因により水分が少なくなり乾燥することがあるのです。乾燥は細胞を傷つきやすくします。そのために肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起こるのです。そして肌荒れが起こった肌は、抵抗力が落ちてしまいます。もしもここで肌に何らかの細菌が付くと抵抗力がないので、ニキビが発症してしまうのです。

皮脂がニキビに及ぼす影響

また肌荒れとニキビと皮脂の関係もあります。私たちは毛穴から皮脂というのを分泌しています。しかしホルモンなどの影響で皮脂の分泌が正しく行われないことがあるのですね。皮脂が分泌されないと肌は乾燥傾向になりますが、本来は皮脂は肌を守る働きをしているので、少しはあるべきものなのです。しかし皮脂はないので、バリア機能が維持できず、肌荒れを起こすのです。また乾燥傾向になった肌は、角質が硬くなり、毛穴が小さくなっていきます。小さくなってしまった毛穴は、少しの皮脂でもつまりやすくなり、ニキビが発生することがあるのです。これを乾燥ニキビと言います。

ここまで肌荒れとニキビの関係を見てきましたが、この根底にあるのは、乾燥だということが理解できたでしょうか。乾燥を防ぐようにセラミドやヒアルロンを含んだ化粧水を選択し、肌をケアしていけば、少しずつ肌のバリア機能が改善し、肌荒れもニキビも改善していきます。肌のバリア機能が改善されると肌のターンオーバーも規則的になるので、肌の生まれ変わりも促進されます。是非保湿に気を付けてみてください。

男性の肌荒れと女性の肌荒れの違いって何?

00_pp31_pp_tp_v
肌荒れと聞くと、はじめは美容に敏感な女性をイメージしてしまいますが、もちろん女性だけでなく男性にもつきもの。ただし、男性の肌荒れと女性の肌荒れは原因が異なることも。今日はそういった観点で男性の肌荒れと女性の肌荒れについて分析していきます。

男性の肌荒れ

男性の肌荒れは洗顔のし過ぎで出来るニキビがあります。皮脂が過剰に分泌する事でニキビは出来ますが、ニキビが気になると肌を清潔に保とうとして、皮脂を落とすために洗顔をします。しかし、あまりにも洗顔をし過ぎると、皮脂を落としすぎてしまい、肌の乾燥を招きます。肌が乾燥してくると、肌のトラブルを引き起こすようになります。

特に男性は力があるので、洗顔の際にもゴシゴシと顔を擦ってしまう場合があります。ゴシゴシ擦るのは肌に負担がかかりますし、肌を傷つけてしまいますから、肌荒れを引き起こしてしまいます。

脂性肌の男性は皮脂の分泌が過剰な為、テカリやすく、ニキビも出来やすい傾向にありますが、放置しておいてもニキビはできますし、洗顔のし過ぎもニキビが出来ます。

乾燥肌の男性は皮脂が少ないので、肌のバリア機能が低下し、外的な刺激を受けやすくなり、肌トラブルが起こります。肌が乾燥していると皮脂を分泌し続けるので、結果ニキビも出来やすくなります。肌荒れとニキビの関係はこちらでもご紹介しています。

女性の肌荒れ

女性の肌荒れは、女性ホルモンの乱れが大きく関わってきます。美肌を作るホルモンである、エストロゲンは潤いのあるハリのあるお肌に導いてくれます。プロゲステロンは過剰に分泌されてしまうと、皮脂やメラニン色素が増えて、肌荒れの原因になります。

女性ホルモンが乱れると男性ホルモンが出てくるので、皮脂のバランスが崩れます。皮脂のバランスが崩れると毛穴が開いてきて、炎症も起こりやすくなります。そうすると、ニキビも出来てしまいます。

女性ホルモンは生理周期に深く関係します。排卵期を過ぎると、エストロゲンが急激に低下して、男性ホルモンが出やすくなります。よって、排卵後から生理前までが肌荒れしやすい時期となります。男性ホルモンが多くなると、皮脂の分泌が増えニキビも出来やすい肌になってしまいます。

また、女性ホルモンをコントロールする視床下部はストレスの影響を受けやすいので、コントロール出来なくなると、ホルモンバランスが崩れてしまいます。

赤みを伴う肌荒れはなぜ起こるの??

efb0a7cb6f818fdbbe0825c584a2dbba_s

はじめに

皮脂やニキビ、くすみやシワなど、顔の肌トラブルには多くの種類があります。その中でも特に厄介なのが赤みを伴う肌荒れです。今日はそんな赤みを伴う肌荒れについて原因やケアの方法をお伝えします。

顔が赤く見えちゃう2つの原因

顔が赤く見えるのには、大きく分けて2つの原因があります。

  • 1. ニキビによる赤ら顔
  • 2. 肌の乾燥から起こる赤ら顔

まずはニキビによる赤ら顔です。おでこや鼻の周りなど皮脂が多い部分を中心にニキビができ、赤く炎症することで顔全体が赤く見えることが原因です。ニキビの刺激により肌が炎症しているため、ジクジクとした痛みを伴うのが特徴です。

2つ目は肌の乾燥から起こる赤ら顔です。こちらは、口元や頬など皮脂が少ない場所に起こりやすいのが特徴です。肌がボロボロになりやすく、悪化すると痒みを発症することがあるので注意が必要です。

赤ら顔に共通する肌の状態

赤ら顔に共通する肌の状態としては、「ニキビ」と「乾燥」の2つが挙げられます。2つの赤ら顔には、肌が薄くなっているという共通点があります。そのため、外部からの刺激にとても弱く、ちょっとした影響で顔全体が赤く見えてしまいます。赤ら顔は外部の刺激から身を守るバリア機能によるものなので、取り除くことはできません。ですが肌のキメを整えたり、ターンオーバーを促し肌を厚くすることで、赤みをカバーすることができます。赤みを伴う肌荒れを治すなら、肌の状態をケアしていくことが1番です。

顔の赤みをケアするには?

赤みを伴う肌荒れを改善させるには、肌を厚くしていく必要があります。そのためには、肌の保湿と再生が重要になってきます。ニキビや皮脂が気になり、1日に何度も洗顔をしている人は、肌が乾燥しやすくなります。また、肌を刺激から保護する皮脂までも洗い流している可能性があります。洗顔は1日2回に留め、保湿作用の高い化粧水や乳液を優しくつけるようにしましょう。特にセラミドは保湿とバリア機能を備えているので、赤みが気になる人におすすめの美容成分です。肌の再生は生活習慣に目を向けてみましょう。アルコールやカフェイン、香辛料などは肌を刺激して赤くします。ストレスや睡眠不足も肌のターンオーバーを狂わせる原因になります。規則正しい生活を心がけることで、肌の再生を促すことができます。

肌荒れの種類は肌荒れの原因次第で存在する!?

fd5f65dd7862851697f935d5e2c5715f_s

はじめに

肌荒れにもいろいろな種類があります。そして、それは、肌荒れの原因によって変わってきます。今日はそんな肌荒れの種類と要因について迫っていきます。

肌荒れの種類

肌荒れの原因に関しては、こちらで述べた通りですが、たとえば、野菜や海藻などを食べる習慣がない人は、便秘になりやすいと言われており、便秘は肌荒れの原因となってしまいます。この場合には、ニキビや吹き出物という形で、肌荒れになりやすいと言われています。食事内容が偏っているような人は、便秘が原因で、ニキビや吹き出物ができやすくなるのです。

そして、人によっては、不規則な生活や睡眠不足が肌荒れにつながることもあります。この場合には、ニキビや吹き出物だけでなく、クマができたり、肌がくすんだりすることもあります。また、肌のハリがなくなり、全体的に乾燥気味になったりもします。日頃の生活習慣は、肌の状態にも影響すると考えたほうがいいのです。

そして、毎日使うコスメや基礎化粧品も、肌荒れと関係があるのです。自分の年齢や肌質に合っていないコスメや基礎化粧品を使用すると、肌がヒリヒリしたり、赤味を帯びたりすることもあります。特に、洗顔フォームなどについては、毛穴の汚れなどを気にして、洗浄力の強いものを選びがちです。しかし、洗浄力だけで洗顔フォームを選んだりすると、やはり、肌への負担は大きくなります。その結果、肌がヒリヒリしたり、赤味が気になるようになってしまうのです。

コスメや基礎化粧品を選ぶ際には、コスメサイトなどで、自分の肌質や年齢に近い人の口コミを参考にして選ぶといいでしょう。そうすれば、自分の肌に合ったものを選ぶことができるのです。

肌荒れには、原因となる事象が幾つか存在し、その幾つかが絡み合って症状となって現れる場合がほとんどです。そして、それによって、肌荒れの種類も変わってきますし、対処の方法も変わってくるのです。肌荒れというのは、毎日の生活の積み重ねで起きることが多いため、日頃の生活習慣や、肌の手入れの積み重ねを大切にするといいでしょう。

肌荒れの原因とは?

yuka150701598457_tp_v

はじめに

今日のテーマは肌荒れの原因。特に頬やおでこなど、顔の目立つ場所の肌が荒れてしまった場合は、特に女性の場合には気になる方も多いことでしょう。本日は、そんな肌荒れの原因とどのような対応ができるのかという点に迫っていきたいと思います。

肌荒れとは?

そもそも、まず肌荒れとは何ぞやという点が気になるところかと思いますが、皮膚が以下のような様々な症状を起こしている場合、肌荒れと言われているようです。

  • 肌が赤くなる
  • 肌がかゆくなる
  • 肌がカサカサになる
  • 肌に吹き出物・ニキビが出る
  • 肌に蕁麻疹(じんましん)が出る

肌荒れの原因とは?

肌荒れの原因としては、大きく①外部的な要因と②内部的な要因の2種類に分けられます。

肌荒れの外部的要因

肌荒れの外部的な要因としては、

  • 肌の乾燥
  • 皮脂不足
  • 皮膚の角質層の水分不足
  • 過剰な洗顔
  • 合わない化粧品の利用

などが挙げられます。

肌荒れの多くは、肌の代謝機能が乱れて、皮膚のバリア機能が低下した状態から発生します。

正常に働く肌と言うのは、水分や皮脂バランスが取れていて、肌を外部刺激から保護する機能が働いていますから、紫外線や細菌からのダメージを軽減したり、肌の生まれ変わりサイクルを規則正しくするものです。

例えばバリア機能が低下すれば、ニキビが悪化しやすくなったり、過剰にニキビが出来たりしますし、炎症性のニキビが出来る時は肌のバリア機能が働いていない可能性が高いと言えます。

逆に言えばバリア機能が働いていると、細菌増殖させずに悪化を防ぎ、ニキビが発生してもすぐに治ったり、重症化する可能性が低いですから、皮脂や水分バランスを整えて肌の生まれ変わりを促進する事は重要です。

ニキビに限らず肌荒れ全般が起こりやすくなり、肌が乾燥状態になったり皮脂の過剰分泌を引き起こしたり、古い肌が角質層に蓄積して肌が硬くなる等の影響から、痒みやヒリつき、ニキビ等の肌荒れに繋がります。肌荒れとにきびの関係についてはこちらをご覧ください。

肌荒れの内部的要因

肌荒れの内部的な要因としては、

  • ホルモンバランスの乱れ
  • 内臓機能の低下
  • 偏った食事や睡眠不足

などが挙げられます。

体の内側からの肌荒れ原因としては、ホルモンバランスの乱れや内臓機能の低下も挙がり、ホルモンバランスの乱れは生活習慣の乱れから引き起こされたり、内臓機能も普段の食生活が影響を及ぼします。

例えば腸内環境が悪化すると、腸壁から毒素が血中に入り、それが全身を巡らせる事になりますから、肌荒れリスクを高める事になりますし、ストレス等を過剰に受けると血流悪化やホルモンバランスが乱れて、老廃物や栄養素の循環が悪化し、健康な肌状態を保つ事が難しいです。

肌荒れ原因は外部からのスキンケア不足も原因になったり、生活習慣等から来る内部からの原因もありますから、基本的には内外からの対策が有効になります。

外部からは清潔にする為に洗浄を行い、水分保湿力を高めるケア等は有効ですし、内部からは食生活で腸内汚さないように食物繊維の摂取や善玉菌を採り込んだり、運動や睡眠の充実を促す事が肌荒れから遠ざける生活習慣になります。