肌荒れとニキビの関係とは?

29ea30443d029ac689e8315a2ef4a4d0_s

はじめに

私たちの肌は、肌のターンオーバーをくりかえし、規則正しく生まれ変わっています。しかしこの規則性が崩れることがあるのです。その規則性が崩れると肌荒れなどの原因になります。そしてその肌荒れはニキビに結びつくことがあるのです。今回は、肌荒れとニキビの関係をご紹介します。

ニキビの原因

肌荒れをする原因は肌の乾燥です。私たちの肌は、水分が適度に含まれ、乾燥を防いでいるのですが、環境の湿度やメイクの刺激、また水分摂取量の低下、加齢、ホルモンなどの原因により水分が少なくなり乾燥することがあるのです。乾燥は細胞を傷つきやすくします。そのために肌のバリア機能が低下し、肌荒れが起こるのです。そして肌荒れが起こった肌は、抵抗力が落ちてしまいます。もしもここで肌に何らかの細菌が付くと抵抗力がないので、ニキビが発症してしまうのです。

皮脂がニキビに及ぼす影響

また肌荒れとニキビと皮脂の関係もあります。私たちは毛穴から皮脂というのを分泌しています。しかしホルモンなどの影響で皮脂の分泌が正しく行われないことがあるのですね。皮脂が分泌されないと肌は乾燥傾向になりますが、本来は皮脂は肌を守る働きをしているので、少しはあるべきものなのです。しかし皮脂はないので、バリア機能が維持できず、肌荒れを起こすのです。また乾燥傾向になった肌は、角質が硬くなり、毛穴が小さくなっていきます。小さくなってしまった毛穴は、少しの皮脂でもつまりやすくなり、ニキビが発生することがあるのです。これを乾燥ニキビと言います。

ここまで肌荒れとニキビの関係を見てきましたが、この根底にあるのは、乾燥だということが理解できたでしょうか。乾燥を防ぐようにセラミドやヒアルロンを含んだ化粧水を選択し、肌をケアしていけば、少しずつ肌のバリア機能が改善し、肌荒れもニキビも改善していきます。肌のバリア機能が改善されると肌のターンオーバーも規則的になるので、肌の生まれ変わりも促進されます。是非保湿に気を付けてみてください。

肌荒れとニキビの関係とは?」への2件のフィードバック

  1. ピンバック: 肌荒れの原因は何?

  2. ピンバック: 男性の肌荒れと女性の肌荒れの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です