肌荒れの場合の洗顔方法

baf0269e4d922d604b86bd4f25894db1_s

はじめに

肌が荒れてしまったとき、多くの人は毛穴に皮脂が詰まったことが原因と考えてしまう傾向にあり、そのため、洗顔を過剰に行ってしまい、肌がさらに荒れてしまうという状況に陥ってしまう人が存在しています。今日はそんな肌荒れの場合に適した洗顔方法について説明させて頂きます。

肌荒れを起こしたときに、ただ単に洗顔を強化するのはおすすめできない

肌荒れを起こした肌はキメが粗くなってしまいガサガサとして手触りも悪くメイクの乗りも悪くなるので本当に憂鬱なものです。こういった肌荒れトラブルを解消したい場合に、毛穴の皮脂の汚れが詰まるのが原因だと考える女性が多く、そのほとんどは洗顔を重点的に行って毛穴の詰まりを取り除こうとするようです。例えばスクラブ入り洗顔料で毛穴を洗ってみたり、洗浄力の強い洗顔料で洗ってみたり、あらゆる洗顔方法がありますがどれもあまりおすすめできません。

肌荒れは毛穴の詰まりが原因であることは確かに正しいのですがこの汚れを取りたいがために間違った洗顔をすればするほど肌そのものがこういった洗顔による刺激から自分を守るために、どんどん皮脂分泌を促進してしまい結果的にはさらなる毛穴の詰まりを引き起こしてしまうので注意しなければなりません。

肌荒れのときのおすすめの洗顔方法

肌荒れを改善するための洗顔方法としておすすめなのは、まず洗顔石鹸は無添加で刺激性の少ない洗顔ソープを使うようにしましょう。無添加のナチュラルソープはネットでも簡単に入手できます。これをしっかり泡立てて朝晩の二回だけ洗顔をするのです。決してこれ以上洗顔しすぎてはいけません。

そして洗顔の方法は、しっかり洗顔ソープを泡立てて、その泡を顔に乗せて泡の上を指でなぞるようにくるくる回して洗い上げるようにします。ちょうど肌、泡、指という3層の状態にするような感覚で洗顔をするのです。皮膚を直接こする洗い方はNGなのであくまでも泡でマッサージするかのように優しく洗い上げます。毛穴の汚れというのはこれだけで驚くほど綺麗に浮き上がってきて取り除くことができるのです。

そして最後にぬるま湯でしっかりと泡を流します。この時にも決して肌を直接指や手のひらでこすってしまわないように注意しながら洗い流すようにしてください。仕上げにたっぷりの保湿ローションを両手のひらに乗せて顔全体を包み込むようにして保湿を行います。最後に保湿美容液やクリームで水分をお肌に閉じ込めるように蓋をしてあげると肌荒れは徐々に改善してきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です